中国プロサッカー選手の奮闘記

〜日本で育った中国人が、18歳で中国に帰って体験したこと〜

【プロテスト➀’2019】現実はそんなに甘くない

2019年念願のプロチームとの契約が実現!

f:id:DALONGXIA:20200216205307j:image

 

河北省保定市という街にある3部リーグの

保定容大足球俱乐部

というチームと契約することができました。

 

その契約に至る前の、冬のトライアウト期間に様々な経験をしました。

一番始めは、代理人ゴリ押しの当時2部リーグの

青岛黄海足球俱乐部

というチームの練習へ参加する事になりました。

 

練習参加前:代理人『お前の実力なら必ずいける!うちのエージェント会社とこのチームは関係がいいから全く問題ない!』

練習参加開始:監督『君はとりあえず二軍で練習して』

        俺『え。?』

どうやら他のトライアウト生と違い全くプロ経験のない俺は

過去データも何もなかったのでとりあえず二軍(U-20)で様子見となった模様。

この時点で代理人の話と全然違うと疑問を抱きました。

 

現実を受け止め、数日間二軍で練習しましたが

レベルは正直全然高くなく、3日目にトップの練習に参加できました。

 

さすがトップチームはレベルが高く、特に当時このチームにいた

外国人助っ人のバルセロナ カンテラ出身 

ベルドゥ・フェルナンデス 選手の技術の高さには衝撃を受けました。

 

手応え的にはまだまだ足りない部分もあるけど

通用する部分もあると分かり、いい経験になりました。

 

そして、一週間ほどトップチームと一緒にトレーニングし

トライアウト生が一人ずつ監督に呼ばれて結果が告げられる。

 

自分の番になり 結果は不合格!

まぁそうだわな。。と心の中で納得。 

 

スペイン人の監督からは

『君の能力は評価しているが、君も知っているように中国リーグのFWのほとんどは外国人助っ人で

今このチームにはいろんなポジションができる国内選手が必要』と言われ

『じゃあ僕がこの先2部もしくは1部でプレーしたいと思うなら、

FW以外にもできないと難しいですか?』と聞くと

『中国サッカーのFWの国内選手が育たない理由の一つでもあるが

前線を外国人助っ人に頼っているのは事実ではある』と言われました。

 

宿泊施設に戻ってすぐに代理人に結果報告して

すぐに次のチームを探してもらう事になり

他の2部のチームに参加する予定でしたが、

話だけでなんの進展もなく3部のチームに練習参加する事になりました。

 

瀋陽と宁夏のチームに参加しましたが、

すでに同ポジションの選手でコネのある、明らかにそんなに能力の高くない選手が

契約する事になっているみたいで

ここも不合格!!

 

このあたりからかなり焦り始めて

ん?このままだと3部にも契約できないんじゃないか?

と毎日不安に襲われ始めました。

 

そしてここで一旦春節休みに入り日本へ一時帰国

この期間が振り返ってみれば中々地獄でした笑

次どこのチームのトライアウトにいけるかも確定してなくて

チームもどの選手を取るかだいたい決まり始めている状況。

 

そんな中ついに代理人から保定のチームが見つかったと連絡が来て、すぐに中国へ戻って練習参加。

 

1週間ほどのトレーニングを通して、しっかりとアピールもできて

 

ついに合格!! 

保定容大足球俱乐部 

と2年契約することができました。

f:id:DALONGXIA:20200216205328j:image

 

しかし、ここから更なる試練が待ち受けているとは

全く予想もつきませんでした。

 

僕のインスタアカウントはこちら💁‍♂️

www.instagram.com

 

 *僕がトライアウトを受けた青島黄海というチームは、2019年度に見事に

1部リーグ昇格を決めました!(悔しい。。。)

リーグ下半期には、何とバルセロナでもプレー経験のある

”ヤヤトゥーレ”

が半年契約で助っ人として加入!!

引退表明から半年経っていましたが、パフォーマンスは圧巻でした。